勤怠管理はタイムレコーダー!

従業員の全てを把握するのは難しいものです。

従業員が多い所であれば尚更ですよね。

全て自分だけで管理しようと思ってもそれは無理な話です。

そこでタイムレコーダーです。

勤怠管理をしっかりと行なってくれますから、従業員の管理にも役立ちます。

出社、そして退社の時にタイムカードを打刻してもらえば、どれくらいの時間会社にいたのかが解りますからね。

これだけでもとてもありがたいものですが、機能的に優れているものもあります。

ネット上のサーバーと連携し、データはサーバーで管理出来るものもありますし、残業の時間を自動で計算してくれるものもあります。

タイムレコーダー クラウド型

社員番号を登録しておけば、休日出勤なのか、残業なのか早出なのか。

個人の出勤・退勤状況までをも識別してくれるものまであるのです。

シンプルに時間だけを打刻するものから、そのようなシステムを備えたものまで登場しています。

どのタイムレコーダーにも言えるのは、それが企業の人員管理に役立っているという点でしょうね。

これを全て人間が管理しようと思ったらそれだけで余計な人件費がかかるでしょうが、タイムレコーダーであれば一台で様々な事を行なってくれます。

つまりはタイムレコーダーの導入は結果的に経費削減になるのです。

Comments are closed.