税理士になりたい

職業によって簡単になれるものもあれば、なかなか簡単になれないものもあります。

国家資格と呼ばれている職業の場合、まずは国家試験に合格しなければなりません。

税理士も同様です。

税理士も国家資格の一つですから、誰も簡単に名乗れるものではありません。

税理士事務所で事務員として働くだけであれば税理士の資格は不要ですが、税理士としての活動を行うのであれば税理士資格が必要になります。

国家資格は基本的に一年に一度の試験になりますので、税理士になるチャンスは一年に一度という事になります。

更には、税理士試験の合格率は10%前後を推移していますので、一年に一度、税理士を目指している人の10人に1人しか税理士になる事が出来ない計算になりますね。

「狭き門」ではありますが、それだけ魅力的な職業とも言えるでしょう。

受験資格に関してはそこまで敷居の高いものではないのですが、試験に関しては合格率からも解るように、難問揃いと言えるでしょう。

税務におけるスペシャリスト。

それが税理士ですので、それ相応の知識が求められます。

特に税務面に関しては、学校では教えてもらえるものではありません。

その点では横一線とも言えるのですが、ベースになるのは税法になりますから、やはりとても難しいものです。

それでも、納税は義務ですから、税理士のお仕事は無くなる事は無いだろうと言われています。

将来性・安定性共に抜群のものとなっていますので、目指している人も多いでしょう。

また、行政書士がスキルアップのために税理士を目指すケースもあるようです。

税理士になった方が仕事の幅が広がるからですね。

それだけ税理士が魅力的なお仕事だという事ですね。

目指してみるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
税理士 東京

Comments are closed.