投資ファンドとは何なのか

FIPパートナーズに代表される投資ファンドと言うのは、投資家から資金を募って資産運用をする仕組みのことをいいます。

資産運用にあたってはファンドマネージャーと呼ばれる責任者が全ての資産運用を行い、あらかじめ定められた報酬を受け取ると言う仕組みで成り立っています。

 

一般の投資家にとって身近にこの仕組みを感じることができるのは投資信託が挙げられます。

この仕組みは投資家一人一人が自分の考え方に合致する投資信託のファンドを選択して資金を預ける仕組みを採用しています。

そして定期的に配当金を受け取ることができたり、ファンドの評価額が上昇したタイミングで解約することで利益を生み出すということが可能になっています。

 

この仕組みのメリットは個人の単位でプロの手に資産運用を任せることができるという点にあります。

投資のプロですので様々なルールに則って運用するということをあらかじめ明確にしておき、その方向性に同意する出資者を募る仕組みで成り立っています。

その内容が気にいれば投資をすることになりますし、実績が上がらないようであれば資金が引き上げられていくことになるのです。

そのためファンドマネージャーは成果を上げることに注力しなければならないという特徴を持っています。

 

信託報酬を受け取るタイプの投資信託等においてはこの仕組みがとても顕著であると言えるでしょう。

中にはノーロードと呼ばれる信託報酬が発生しない運用も存在しています。

この仕組みにおいてはあらかじめ定められたルールの通り運用することになりますので、何かしらに連動するという性質を持っていることが少なくありません。

 

最も利用されているノーロードタイプの投資信託としては日経平均株価に連動するタイプの資産運用を行う種類の金融商品が存在しています。

日経平均と連動する仕組みとなっていますので、日経平均が下がれば評価額を下げることになり、日経平均が上がれば評価額も上がる仕組みとなります。

そのため、特定の銘柄に投資をするのではなく日経平均株価そのものに対して投資をすると言う目的で利用することができる投資ファンドとなっています。

 

■様々な形がある投資ファンド

一般的にはこのような資産運用を行う目的で運用されている仕組みのことを投資ファンドと呼ぶことになりますが、実際には様々な活動の形が存在しています。

金融機関のように規制によって様々な制約が存在している集団とは異なりますので、資金面の運用についてはより動きやすいという性質を持っています。

規制する法律がないと言うわけではありませんが一般の金融機関に比べて自由度が高いと言う点を魅力に感じている人も少なくありません。

このようなファンドには非常に多くの種類がありますので、徹底的に探すことによって自分の投資目的により近いファンドを見つけることができるようになると期待することができます。

 

なお、このような形で資産運用を行う場合、その投資の対象となるのは株式だけではありません。

様々な種類の債権もその対象になると言う特徴を持っています。

企業が発行する債券はもちろん国家が発行する国債もその対象となります。

国債についても海外の国債を取り扱うケースも少なくありませんし、あえてリスクを取る資産運用を行うタイプのファンドも存在しています。

同じように為替相場を利用した資産運用を目的としているファンドも存在しています。

特定の国家の通貨の値動きを利用して利益を稼ごうとする活動が行われるケースもあり、場合によっては非常に強い影響力を持つこともあると言うことが知られています。

 

一口にファンドといってもその形には様々な種類があります。

個人でファンドマネージャーを行うことでした運用を行っている投資ファンドもありますし、機関投資家として資金を集めてファンドとしての活動行う団体も存在しています。

投資家はそれらのひとつひとつをしっかりと吟味して自分の大切な資産を任せることができるファンドを見つけなければなりません。

このようなサンドではどのような資産運用を行うのかと言う事を文章で明示するのが基本となっていますので、実際に資金を預ける前に運用方針等についてはしっかりと目を通しておく必要があります。

 

■ファンドは必ず成果が出るとは限らない

ファンドは一般的に利益を追求する方向で活動するものではありますが、必ず成果を出すことができる種類のものではありません。

あくまでも投資は自己責任であり損失を発生させてしまうリスクがあると言うことについてはあらかじめ受け入れておかなければなりません。

確実に利益を上げることができるファンドがあるとすればそれはいわゆる詐欺にあたるものであると考えるべきです。

どのような資産運用を行ったとしてもリスクがゼロである金融商品と言うものはほとんどありません。

 

そのためより大きな利益を狙うのであれば大きなリスクを受け入れなければなりませんし、それができないのであれば堅実に小さな利益を積み重ねていく言う商品を選択するべきであるといえます。

俺らのいずれのタイプのファンドも存在していますので、自分がどのような資産運用を行いたいのかを明確にして、それを実現することができるFIPパートナーズのような投資ファンドを見つけると言うことが大切です。

FIPパートナーズより

Comments are closed.