米国公認会計士は世界で最も知られている会計士の資格

1.USCPA(米国公認会計士)とは?

日本でも取得する人が増えてきたのがUSCPAと呼ばれる米国公認会計士です。
国内の国際企業の経理財務職では最も求められている資格になります。

需要が多いのが医薬品やコンサルティング、大手会計事務所です。
最近は製造業でもCPAの資格を持つ担当者が増えています。

日本の公認会計士は日本において高く評価されていますが、海外で働く場合は知らない担当者もいます。
米国公認会計士であればすぐに認めてもらえます。

公認会計士は難関の資格ですが、米国公認会計士は社会人にとってメリットが多いです。
USCPAはアメリカの各州が認定している公認会計士資格で、この資格を取得すればアメリカ以外の承認されている国でも会計士として働くことができます。

公認会計士試験は取得したらすぐに仕事ができるように作られています。
USCPAは取得してから実践力を身につけるように作られているので、試験では基礎的な知識だけが問われることになります。

公認会計士試験だと専門的な実務に関する知識も頭に入れる必要があります。
USCPAは基礎的な知識さえあればスタート地点に立てます。

2.USCPAの試験内容について

試験は基礎的な内容を問われますが、求められる知識はかなり幅広くなります。
会計の知識はもちろん、ITや法律など会計とは関係ない基礎知識も問われます。

USCPAに合格すれば会計知識に加えてビジネス能力も認められます。
英語で試験を受けるので英語力も評価してもらえます。

USCPAを取得するとアメリカをはじめ海外でも公認会計士として活躍できますが、日本での転職活動にも便利です。
日本はグローバル化が進んでいるので、USCPAは将来性のある資格と言えます。

日本の公認会計士は難易度の高さで知られています。
合格率は10%前後で、専門学校に通って試験を受ける人も多いです。

学習に費やす時間は3000時間から5000時間くらいになります。
学生時代なら時間に余裕がありますが、社会人になってから公認会計士の資格を取得するのは大変です。

米国公認会計士は勉強時間が1500時間くらいで、1科目ごとに区切って受験ができます。
試験は年に最大4回受けることができるので、社会人であっても勉強のスケジュールが立てやすいです。

3.英語が読めれば十分合格が可能

ビジネスに関しても問われるため社会経験を積んでいる人の方が有利な面もあります。
USCPAに興味を持っているものの英語に自信がないため受験を躊躇している人もいますが、英語が読めれば十分合格が可能です。

日本人は話すことは苦手でもリーディングは得意な人が多く、リーディングが苦手な人でも勉強すれば能力を伸ばすことができます。
資格を取得した後に海外で仕事をしたい場合は、総合的な英語力が必要になります。

試験勉強中にどこまで英語力を向上させるかは受験者の選択次第です。
日本の国家資格は知識重視の資格が多いため、取得するのに時間がかかります。

グローバル化が進む日本では社会の変化に対応できる人が求められています。
米国公認会計士の受験をアメリカでする場合は、好きな場所で受験することができます。

全米には約300ヶ所のPrometricテストセンターがあり、ここで受験します。
Prometricテストセンターごとに休業日が異なるので、事前に確認しておきます。

4.グアムが時差がほとんどなくて受験地としては人気

日本人に人気が高い受験地は時差がほとんどないグアムです。
グアムのテストセンターは土曜日と日曜日、アメリカとグアムの祝日が休業日になります。

ハワイテストセンターは日曜日とアメリカの祝日が休業日です。
ニューヨーク観光も兼ねてニューヨークで受験する人もいます。

日本でも東京と大阪で受験ができます。
受験資格は州によって異なり、単位要件と学位要件があります。

大学や大学院などで会計の単位とビジネスの単位を一定数以上取得していることが単位要件になります。
学位要件は学士号を取得していることです。
一般的には1日に1科目を受験しますが、試験時間が短い科目を含めることで1日に2科目受験することも可能になります。

USCPAは4つの科目で構成されています。
FARは重要な科目なので、FARから勉強を始める人が多いです。

BECは出題範囲が多岐にわたり、工業簿記に加えてビジネスに関連する分野も出題されます。
BECには記述問題も含まれています。

AUDは監査に関するものを中心に出題されます。
REGは商法や税法が出題分野で、個人や法人の確定申告やビジネス契約など法律に関連する分野から出題されます。

この4つの科目にすべて合格すれば全科目合格になります。
1つの科目でスコアが99まであり、75以上取得すれば合格です。

米国公認会計士は科目合格制度があり、一定の期間に全ての科目でスコアの75以上を取得すれば全科目合が合格になります。
受験生は18ヶ月の間に1科目ずつ合格すればよいので、仕事を続けながら合格を目指すことができます。

最初の科目に合格してから18ヶ月を超えてしまうと、最初に合格した科目は再度合格点を取る必要があります。

→USCPAの受験資格について

Comments are closed.