24
10月 18

米国公認会計士は世界で最も知られている会計士の資格

1.USCPA(米国公認会計士)とは?

日本でも取得する人が増えてきたのがUSCPAと呼ばれる米国公認会計士です。
国内の国際企業の経理財務職では最も求められている資格になります。

需要が多いのが医薬品やコンサルティング、大手会計事務所です。
最近は製造業でもCPAの資格を持つ担当者が増えています。

日本の公認会計士は日本において高く評価されていますが、海外で働く場合は知らない担当者もいます。
米国公認会計士であればすぐに認めてもらえます。

公認会計士は難関の資格ですが、米国公認会計士は社会人にとってメリットが多いです。
USCPAはアメリカの各州が認定している公認会計士資格で、この資格を取得すればアメリカ以外の承認されている国でも会計士として働くことができます。

公認会計士試験は取得したらすぐに仕事ができるように作られています。
USCPAは取得してから実践力を身につけるように作られているので、試験では基礎的な知識だけが問われることになります。

公認会計士試験だと専門的な実務に関する知識も頭に入れる必要があります。
USCPAは基礎的な知識さえあればスタート地点に立てます。

2.USCPAの試験内容について

試験は基礎的な内容を問われますが、求められる知識はかなり幅広くなります。
会計の知識はもちろん、ITや法律など会計とは関係ない基礎知識も問われます。

USCPAに合格すれば会計知識に加えてビジネス能力も認められます。
英語で試験を受けるので英語力も評価してもらえます。

USCPAを取得するとアメリカをはじめ海外でも公認会計士として活躍できますが、日本での転職活動にも便利です。
日本はグローバル化が進んでいるので、USCPAは将来性のある資格と言えます。

日本の公認会計士は難易度の高さで知られています。
合格率は10%前後で、専門学校に通って試験を受ける人も多いです。

学習に費やす時間は3000時間から5000時間くらいになります。
学生時代なら時間に余裕がありますが、社会人になってから公認会計士の資格を取得するのは大変です。

米国公認会計士は勉強時間が1500時間くらいで、1科目ごとに区切って受験ができます。
試験は年に最大4回受けることができるので、社会人であっても勉強のスケジュールが立てやすいです。

3.英語が読めれば十分合格が可能

ビジネスに関しても問われるため社会経験を積んでいる人の方が有利な面もあります。
USCPAに興味を持っているものの英語に自信がないため受験を躊躇している人もいますが、英語が読めれば十分合格が可能です。

日本人は話すことは苦手でもリーディングは得意な人が多く、リーディングが苦手な人でも勉強すれば能力を伸ばすことができます。
資格を取得した後に海外で仕事をしたい場合は、総合的な英語力が必要になります。

試験勉強中にどこまで英語力を向上させるかは受験者の選択次第です。
日本の国家資格は知識重視の資格が多いため、取得するのに時間がかかります。

グローバル化が進む日本では社会の変化に対応できる人が求められています。
米国公認会計士の受験をアメリカでする場合は、好きな場所で受験することができます。

全米には約300ヶ所のPrometricテストセンターがあり、ここで受験します。
Prometricテストセンターごとに休業日が異なるので、事前に確認しておきます。

4.グアムが時差がほとんどなくて受験地としては人気

日本人に人気が高い受験地は時差がほとんどないグアムです。
グアムのテストセンターは土曜日と日曜日、アメリカとグアムの祝日が休業日になります。

ハワイテストセンターは日曜日とアメリカの祝日が休業日です。
ニューヨーク観光も兼ねてニューヨークで受験する人もいます。

日本でも東京と大阪で受験ができます。
受験資格は州によって異なり、単位要件と学位要件があります。

大学や大学院などで会計の単位とビジネスの単位を一定数以上取得していることが単位要件になります。
学位要件は学士号を取得していることです。
一般的には1日に1科目を受験しますが、試験時間が短い科目を含めることで1日に2科目受験することも可能になります。

USCPAは4つの科目で構成されています。
FARは重要な科目なので、FARから勉強を始める人が多いです。

BECは出題範囲が多岐にわたり、工業簿記に加えてビジネスに関連する分野も出題されます。
BECには記述問題も含まれています。

AUDは監査に関するものを中心に出題されます。
REGは商法や税法が出題分野で、個人や法人の確定申告やビジネス契約など法律に関連する分野から出題されます。

この4つの科目にすべて合格すれば全科目合格になります。
1つの科目でスコアが99まであり、75以上取得すれば合格です。

米国公認会計士は科目合格制度があり、一定の期間に全ての科目でスコアの75以上を取得すれば全科目合が合格になります。
受験生は18ヶ月の間に1科目ずつ合格すればよいので、仕事を続けながら合格を目指すことができます。

最初の科目に合格してから18ヶ月を超えてしまうと、最初に合格した科目は再度合格点を取る必要があります。

→USCPAの受験資格について


24
1月 18

全保連は家賃保証と社会貢献も行っている

全保連のサービス概要

全保連は家賃保証サービスを提供している会社ですが、社会貢献にも力を入れています。

本社が東京と沖縄にあり、沖縄への社会貢献には特に力を入れています。

その代表といえるのが認定NPO法人の沖縄県難病相談支援センターへの支援です。

沖縄のスポーツ団体への支援も積極的に行っていて、チームのスポンサーになりスポーツ文化の発展のために活動をしています。

それ以外にも沖縄のゴミ広いグリーンデー参加や防犯コントロール、発展のための地域活動は見逃せません。

・沖縄で積極的に活動する全保連

利益の一部を社会貢献へと利用することで、他の会社とは一味異なる存在感を示しています。

家賃保証を提供している会社の中では有名ですが、まだまだ成長段階で今後も積極的に事業を展開していくことがわかります。

新たに事業を拡げながら、その利益の一部を新しい形で沖縄を中心に社会支援を行っていき、世の中にも定着していくと考えられます。

全保連の理念

全保連は賃貸物件を借りたい人や大家さんの生活が、安心して送れるようなサービスを提供することを理念としています。

スピード入金や保証内容、取引に関しても実績は豊富です。

入居者にとっては費用を安く抑えて利用が可能になるため、総合的にバランスも整っていて選ぶことが多い企業でもあります。

本社は沖縄と東京にありますが、それ以外にも北海道から九州まで日本各地に18の支店があります。

協定を結んでいる企業数は累計で3万4千社、1年間に申し込む件数は約30万件ぐらいです。

これは業界の中でもトップクラスで安心して利用が出来るのも魅力です。

・大家さんに嬉しいスピード入金

大家さんにとって一番嬉しいメリットが入金スピードです。

大家さんから家賃滞納をしているという連絡を受けた翌日から、3営業日後には指定した口座に振り込んでもらえます。

大家さんからの家賃滞納を報告することを代位弁済請求書を受領するという形で行います。

賃貸物件の家賃が主な収入源の場合、大変便利でリスクも軽減できるサービスです。

・広い保証内容も魅力

全保連を選ぶことが多い理由に保証内容が広いことがあります。

家賃以外にも水道光熱費や、管理費なども含まれています。

さらにオプションをつけないで原状回復費用や明渡し訴訟をするための費用なども保証しています。

特に入居者が原状回復費用などが払えないと、大家さんが支払うことになります。

それも保証をしてくれるので何かあった時のリスクを下げることが可能です。

家賃保証サービスには毎年と初回だけプランがあり、住居や事務所、駐車場に店舗などが対象です。

毎年プランだと初回保証も割引になってお得です。

 

クローズアップ情報

全保連 審査基準


10
5月 17

投資ファンドとは何なのか

FIPパートナーズに代表される投資ファンドと言うのは、投資家から資金を募って資産運用をする仕組みのことをいいます。

資産運用にあたってはファンドマネージャーと呼ばれる責任者が全ての資産運用を行い、あらかじめ定められた報酬を受け取ると言う仕組みで成り立っています。

 

一般の投資家にとって身近にこの仕組みを感じることができるのは投資信託が挙げられます。

この仕組みは投資家一人一人が自分の考え方に合致する投資信託のファンドを選択して資金を預ける仕組みを採用しています。

そして定期的に配当金を受け取ることができたり、ファンドの評価額が上昇したタイミングで解約することで利益を生み出すということが可能になっています。

 

この仕組みのメリットは個人の単位でプロの手に資産運用を任せることができるという点にあります。

投資のプロですので様々なルールに則って運用するということをあらかじめ明確にしておき、その方向性に同意する出資者を募る仕組みで成り立っています。

その内容が気にいれば投資をすることになりますし、実績が上がらないようであれば資金が引き上げられていくことになるのです。

そのためファンドマネージャーは成果を上げることに注力しなければならないという特徴を持っています。

 

信託報酬を受け取るタイプの投資信託等においてはこの仕組みがとても顕著であると言えるでしょう。

中にはノーロードと呼ばれる信託報酬が発生しない運用も存在しています。

この仕組みにおいてはあらかじめ定められたルールの通り運用することになりますので、何かしらに連動するという性質を持っていることが少なくありません。

 

最も利用されているノーロードタイプの投資信託としては日経平均株価に連動するタイプの資産運用を行う種類の金融商品が存在しています。

日経平均と連動する仕組みとなっていますので、日経平均が下がれば評価額を下げることになり、日経平均が上がれば評価額も上がる仕組みとなります。

そのため、特定の銘柄に投資をするのではなく日経平均株価そのものに対して投資をすると言う目的で利用することができる投資ファンドとなっています。

 

■様々な形がある投資ファンド

一般的にはこのような資産運用を行う目的で運用されている仕組みのことを投資ファンドと呼ぶことになりますが、実際には様々な活動の形が存在しています。

金融機関のように規制によって様々な制約が存在している集団とは異なりますので、資金面の運用についてはより動きやすいという性質を持っています。

規制する法律がないと言うわけではありませんが一般の金融機関に比べて自由度が高いと言う点を魅力に感じている人も少なくありません。

このようなファンドには非常に多くの種類がありますので、徹底的に探すことによって自分の投資目的により近いファンドを見つけることができるようになると期待することができます。

 

なお、このような形で資産運用を行う場合、その投資の対象となるのは株式だけではありません。

様々な種類の債権もその対象になると言う特徴を持っています。

企業が発行する債券はもちろん国家が発行する国債もその対象となります。

国債についても海外の国債を取り扱うケースも少なくありませんし、あえてリスクを取る資産運用を行うタイプのファンドも存在しています。

同じように為替相場を利用した資産運用を目的としているファンドも存在しています。

特定の国家の通貨の値動きを利用して利益を稼ごうとする活動が行われるケースもあり、場合によっては非常に強い影響力を持つこともあると言うことが知られています。

 

一口にファンドといってもその形には様々な種類があります。

個人でファンドマネージャーを行うことでした運用を行っている投資ファンドもありますし、機関投資家として資金を集めてファンドとしての活動行う団体も存在しています。

投資家はそれらのひとつひとつをしっかりと吟味して自分の大切な資産を任せることができるファンドを見つけなければなりません。

このようなサンドではどのような資産運用を行うのかと言う事を文章で明示するのが基本となっていますので、実際に資金を預ける前に運用方針等についてはしっかりと目を通しておく必要があります。

 

■ファンドは必ず成果が出るとは限らない

ファンドは一般的に利益を追求する方向で活動するものではありますが、必ず成果を出すことができる種類のものではありません。

あくまでも投資は自己責任であり損失を発生させてしまうリスクがあると言うことについてはあらかじめ受け入れておかなければなりません。

確実に利益を上げることができるファンドがあるとすればそれはいわゆる詐欺にあたるものであると考えるべきです。

どのような資産運用を行ったとしてもリスクがゼロである金融商品と言うものはほとんどありません。

 

そのためより大きな利益を狙うのであれば大きなリスクを受け入れなければなりませんし、それができないのであれば堅実に小さな利益を積み重ねていく言う商品を選択するべきであるといえます。

俺らのいずれのタイプのファンドも存在していますので、自分がどのような資産運用を行いたいのかを明確にして、それを実現することができるFIPパートナーズのような投資ファンドを見つけると言うことが大切です。

FIPパートナーズより


09
12月 16

ハイスペックPCを使って行うこと

パソコンを購入するとき特に理由も無くハイスペックPCを選んだものの、ウェブサイトや動画サイトの閲覧、文書ファイルの作成など日常的な作業ではそのハイスペックを活かし切れていないと考えている人は少なくありません。

そもそも、そういった人たちは、ハイスペックPCが必要な作業にどんなものがあるかを知らないのです。

普通のスペックのパソコンではできないことが、数多くあるのです。

ハイスペックPCを所有する人のなかで、最も多く使われている用途がパソコンゲームです。

現在のゲームは家庭用ゲーム機とパソコンで同じタイトルが発売されるマルチプラットフォームであることが多いですが、パソコンで発売されるタイトルはパソコンのスペックによってグラフィックの描写が大きく変わり、最高画質でプレイするためにはスペックが高いパソコンが必要になるのです。

特に重視されるのはビデオカードで、家庭用ゲーム機並みのグラフィックでプレイするためには3万円前後のモデルを導入し、それ以上の最高画質でプレイするためには10万円近い最上位モデルを導入しなければならないのです。

家庭用ゲーム機と比べると多くの費用が掛かってしまいますが、それでも最高画質でプレイしたいゲーマーはハイスペックPCを用意しています。

流行の兆しがある写真撮影において、非圧縮で保存するRAW形式の画像を編集するときもハイスペックPCが必要です。

この作業はRAW現像と呼ばれ、非圧縮かつ無劣化の画像を処理するのでCPU性能やメモリ容量が重要になります。

特にCPUはマルチコアが必須で、デュアルコアやクアッドコアでは心許ないためサーバーやワークステーション向けのオクタコアを使うことも珍しくないほどなのです。

写真編集では画像の色味も大切なので、液晶ディスプレイにもこだわっています。

また、映像製作もスペックが高いパソコンがなければできません。

特にフルハイビジョンや4K画質で3DCGを使ったムービーはパソコンゲーム以上のビデオカードが要求されることに加え、メインメモリの容量も重要です。

メモリが少ないと読み込み時間が長くなり、スムーズに作業を進められないのです。

映像製作には膨大な時間が掛かるため、メモリが少ないことは作業時間と人件費の増大に直結してしまいます。

さらに、ビデオカードは1枚ではなく2枚や4枚を同時に組み合わせることも当然のようになっています。

パソコンでできることは数多くあり、なかにはハイスペックなパソコンでなければできないこともあるのです。

[PR] ドスパラの評判【2016年版】【ゲーミングPC激安】


07
12月 16

ETFという投資信託を利用した感想

自分は今でもETFという投資信託を利用しています。

とはいってもETFを持っているだけですから特に買ってから何もしていません。

これがETFのいいところ一つです。

さらには、手数料が安いということや維持管理費用も安いということがありますし、何より分散投資効果が期待できるというのが大きな魅力でした。

自分は分散投資派なので、これ以上に分散投資が出来る金融商品を知らないということがありました。

そして、商品の数が多く、海外も投資をすることが出来るということが大きな魅力でした。

人口が減少して高齢化社会を迎える日本ではなかなか魅力的な金融商品を見つけることは難しいのですが、海外に目を向ければ魅力的な商品はいくらでもあります。

何故なら経済が成長するところは全ての商品が売れることになりますから、どんな分野に投資をしても基本は儲かるということになるからです。

日本の一昔前がそうであったように、世界には一昔前の日本の状態という国がたくさんあるように思えました。

それらの国が戦後の日本のような経済発展を遂げれば、海外に投資をしていた時の収益というのは大きなものになるだろうと考えられたのです。

ですから、新興国が大きな魅力があるように思われました。

世界にはこれから人口がどんどんと増えていくと予想される国が多くあり、その多くが新興国だったのです。

ですから自分はこれらの新興国のETFを購入しました。

中心としたのはインド、ブラジル、南アフリカといった国々です。

これらの国はある意味ではこれから世界の発展のカギとなる国ではないかと思われました。

中国もあったのですが中国はなんとなく虫が好かないのでやめました。

自由主義経済ではなく国家による計画経済なので、政府の思惑一つでどうにでもなるというのは、やはりおかしいと感じられたこともありました。

世界で最も多くの人口を抱えている国なので分散というという概念からすると外すことは出来ない国ではありますが、経済が国家の統制のもとにあるというのはどう考えてもよくわからないので、ここに投資をすることは避けることとしました。

ETFは一つの会社の株に投資をするようなスタイルではなく、事業全体に投資をすることが出来るのも魅力です。

以前は一つ一つの会社の株を売買することもしていましたが、やはり業績というのはなかなか見えないということで、事業という大きな単位で見るようにしたのです。

すると、将来性が抜群なのは水関連事業とクリーンエネルギー関連事業というのが自分には魅力的だと思われるようになりました。

そこで、これらの事業のETFを買うことにしました。

ETFにはこうした事業別の投資が出来るのもあるのです。

しかも、世界レベルで事業を見ることが出来ます。

例えば水関連事業のETFですと、海外の水関連事業をしている業者に投資をすることになります。

これ投資はかなりうまくいっていてね今ではかなりの利益を出してくれています。

この先ますます水関連事業は世界の基幹産業として必要とされることが期待されますから、まだまだ保有しておくつもりです。

何しろ人口が増えて人が生活圏を広げれば広げるほど水は欠かせなものとなりますから、その事業が潤うことは間違いないと考えています。

ETFなら個別企業に投資をするのではなく、事業全体に投資をすることが出来るので、企業を一つ一つ見ていく必要がないという魅力があります。

自分は水関連事業に投資はしていますが、個別の企業については何も知りません。

それでも投資が出来てしまうのです。

今ではこの水関連事業のETFはかなり値上がりしていて、かなりの収益をもたらしてくれています。

ただ、クリーンエネルギー関連事業のETFは値下がりしていて損失を出してくれています。

原因は原発事故です。

クリーンエネルギー関連事業のなかに原発というものが組み入れられていて、それが事故で世界的に大きく批判されることになり、将来性も乏しくなったとしてかなり値下がりをすることになったのです。

これは予想外の出来ことですが、こうしたことがおこりえるのが投資の世界です。

だからこそETFにしていて助かったともいえます。

もし原発関連の株を買っていたらもっと大きな損失を出していたはずなのですが、クリーンエネルギー関連事業という大きな事業に分散投資をしていたことで、損失は出してはいますが、それほど気にしなくていいレベルでとどまってくれています。

これが分散投資の効果が発揮されているところです。

ETFはこうした分散投資が出来ることが大きな魅力です。

分散投資は収益性を問題視する方もおられますが、まずは安全性ということを考えることが投資の基本ということがいえるでしょう。

十分な資産を持っている方であれば、積極的な投資をすることもいいのですが、自分のようにそれほどの資産を持たないようなケースでは、まずは分散投資から入り、それから次を考えるとした方がいいと考えています。

追記:みんなで大家さんもおすすめですよ。

[PR] みんなで大家さん


08
9月 16

スキルを身につけたいならWebシステム開発

これから自分自身のスキルを磨いて自分のために何かを身につけたいと考えているのであれば、システム開発関連が良いでしょう。

なぜなら、インターネットはもはや流行ではないからです。

文化というよりもインフラそのものです。

どのようなサービスであれ、インターネットを駆使していない所の方が珍しいのですが、それらのサービスはインターネット上の場合、勝手に動かされるものではありません。

プログラミングによって生み出されるものです。

どのように動くのかは、Webシステム開発次第になりますが、スマートフォンも誕生した今、もはやインターネットは意識するようなものではなくなっています。

かつてであれば「インターネットが趣味」としても成立していましたが、近年はインターネットで出来る事も増えていますので、わざわざ「インターネットは便利だな」と感じる人の方が珍しいのではないでしょうか。

不便という意味ではなく、我々の生活の中で当たり前のように溶け込んでいるものですので、わざわざ改めて「便利」と感じるようなケースの方が珍しくなっているかと思いますが、その裏で行われているのがWebシステム開発です。

インターネットはまだまだ進化しています。

つまり、Webシステム開発のスキルがあればIT業界の中に身を投じ、活躍出来るようになるのです。

それらの点を踏まえると、Webシステム開発のスキルさえあれば困る事はないでしょう。

一方では更に細分化されていくであろうとも言われています。

それもそのはず、かつてであれば「ITスキル」と呼ばれていたものの、Webシステム開発やアプリ開発、システム保守など、同じようなジャンルに見えて細分化されています。

それだけ専門性が高くなっていますので、スキルを身につけ、「これだ」という物を磨いていけば、「自分だけでしか出来ないお仕事」も出てくるのです。

誇りを持って仕事に取り組めるようにもなるのではないでしょうか。

失敗が許されないWebシステム開発

基本的に、どのようなお仕事も失敗は許されません。

部活であれば頑張ったという「プロセス」が評価されるかもしれませんが、仕事で求められるのは結果です。

頑張ったか頑張っていないかではありません。

どのような結果を得たのかが評価の対象です。

頑張っていないけど会社に利益をもたらした人と、頑張ったものの利益は得られなかった人。

学生であれば後者の方が評価されるかもしれませんが、仕事に於いては前者です。

シビアなのではなく、それが社会ですから、基本的には失敗は許されないのですが、Webシステム開発は特に顕著です。

Webシステム開発で失敗してしまった場合、正常にプログラムが作動しません。

自分たちだけにしか影響がない場合は良いのですが、相手を巻き込んでしまうケースもあれば、失敗にも種類があり、サイトそのものを表示出来なくなってしまった場合には機会の損失になるだけではなく、会社そのものの評判をも失墜させてしまいます。

一文字一文字正確性が求められる仕事ですので、失敗するなという要求は酷ですが、少しでも間違えていると正しく動かない以上、「完璧」が求められます。

もしもですが、ミスをしてしまってサイトが表示されない間に、顧客が他に流出してしまったら、「少し間違えただけなのに」と悔やんだ所で顧客は戻ってきません。

インターネットは24時間いつ誰がどのような形でアクセスしてくるのか分かりません。

せっかく訪れてきた人がいるのに、サイトが正常ではないばかりにすぐに違うページに移動されてしまう事もあります。

シビアではありますが、インターネットの世界は多くのホームページがありますので、駄目だと思ったらすぐに違う物を探す人の方が圧倒的に多いです。

ミスが社内だけの問題では済まないため、失敗が許されないとてもシビアな仕事です。

誰もが当たり前だと思うサイトへのアクセスも、裏ではWebシステム開発者たちの完璧な仕事があるからです。


16
3月 15

人事制度を見直す重要性

・社員研修で伸ばすべきスキルとは

社員研修は、ビジネスマナーやビジネス文書だけではなく一つのスキルに特化した研修を行う場合もあります。
会社・社員によって伸ばすべきスキルは違いますので、会社をレベルアップしていく上でどのようなスキルを学ばせればいいのか考えましょう。

またスキルを学ばすための社員研修は、ノウハウ豊富な専門の講師に依頼をすると、教え方が上手いので社員の吸収も早いです。
社員に学ばせたいスキルが決まったら、社員研修の委託先を探してみてはいかがでしょうか。

・パソコン研修

パソコンはオフィスワークに必須のアイテムです。
ただスキルは人によってまちまちですし、特に新入社員についてはそれぞれに差があります。
仕事を進めるのに必要なパソコンスキル、それはもちろん重要です。

しかしセキュリティに関しましては、それとは比較にならない程重要です。
企業秘密が外部に漏れてしまっては、技術や知識を流用される恐れがあります。

また客の個人情報を漏らすようなことがあれば、会社の信用はたちまち失墜してしまうことでしょう。
社員研修ではパソコンから情報漏洩をすることが無いように、徹底的に教育を行いましょう。

・語学研修

外国人とコミュニケーションを取るには、やはり外国語を話せなければいけません。
特に接客業の場合は、外国人と会話をする機会も多いのではないでしょうか。
英語はもちろんですが、中国語や韓国語など扱える言語は多いに越したことはありません。

・営業スキルアップ研修

営業は、コミュニケーションに秀でているだけでは駄目で売り込むテクニックというものがあります。
そのテクニックを習得すれば、内気な人でも顧客を掴むことができます。
各々がそうなれば、会社の業績は飛躍的にアップすることでしょう。

・まずは資料請求から

社員研修を請け負っている会社のほとんどは、資料を配布しています。
一つだけではなくいろいろな会社から資料を取り寄せ、比較・検討をしてみましょう。

 

人事制度設計 おすすめ


26
6月 14

顧客管理が面倒

仕事というのは決して楽なものばかりではありません。
中には本当に厄介で、業務に当たるのが億劫という人もいるかもしれません。
どのようなお仕事が厄介なのかと言えば様々なものがあるとしか言えない部分もあるのですが、多くの会社や企業から聞こえてくるのが「顧客管理が面倒」というものです。

Continue reading →


08
5月 14

賃貸併用住宅の魅力

おすすめ
賃貸併用住宅ならば、住宅ローンをゼロ円でマイホームを持つことができます

賃貸併用住宅を建てる人が増えてきています。
やはり賃貸にする場合、新築の建物のほうが人気となり借り手も早く見つかります。

建てた当初は多額のローンを抱えることになりますので、一部を賃貸にしてローン返済を楽にするという方法もあります。
たとえば新築するときにはまだ小さなお子さんがいるといます。

Continue reading →


16
4月 14

どのメンズ財布を購入するべきか?

メンズのファッションは年々注目度が増しています。
近年もっとも注目されているアイテムは間違いなく「メンズ財布」となっています。
男ならバッチリ決まったメンズ財布を所持しておきたいですよね。

Continue reading →