高校の時に所属していた三味線部

私は、高校の時にアルバイトをしたいと考えていました。

なので、運動部だと夜遅くまでの練習と日曜日など休みの日にも出なければならないイメージがあったので運動したい気持ちはあったのですが、やめました。

そもそも、アルバイトをしたのでどの部活も活動日があるので入らなくていいのなら入りたくなかったのですが、私が通っていた高校ではどこかのクラブには必ず入らなくてはならなかったので、文化部で、毎日部活動を行わない部から選ぶことにしました。

茶道部、華道部、三味線部、書道部の4つの中から選ぼうと思い、部活の見学をしたときに、三味線ってやったことがないけど、実際にやっている人を見ていたらかっこいいなと思いました。

せっかくやるなら自分が興味あるものにしようと、三味線部に入部しました。

部活動ではありますが、特になんかの大会に出るなど大きいことをする部活ではなく、学校の文化祭で披露するというのを目指して練習をしていくという感じでした。

先生は上手で簡単そうに見えたのですが、なかなか難しく、部員の中でも私は下手で覚えるのが大変でした。

他の部員の子にも聞きながら、とにかく文化祭に出るまでにはうまくなろうと、週に2回づつ練習を頑張りました。

そして文化祭当日にはなんとか三味線を成功させることができました!

社会人になってからも三味線をするという経験はなかなかないので高校のときに経験し、楽しさを知ったのは大きいなと思います。

子育てが一段落したらまた三味線をやりたいです。

三味線 邦楽なび

Comments are closed.