お食い初めを行う時期

お食い初めの時期に関してご説明したいと思います。

お食い初めは、一般的には生後100日に行うとされています。

これは、離乳食の始まる時期、そして歯の生え初めの時期であるためとされています。

ですが、100日というのはあくまでも一般的な時期であり、100日目に必ず行わなければならないというものではありません。

例えば、地域によっては120日ということもありますし、お食い初めを先延ばしにするということは寿命も先延ばしにするということで120日よりもさらに先延ばしにするという習慣があるそうです。

ですから、多くの場合は100日ぴったりということではなく、100〜120日ごろの間で後は参加者の都合に合わせて日取りを決めるという場合が多いようです。

ですから、親戚や両親なども参加するという場合には日取りについてあらかじめ相談しておき、早めに予定を立てておくと良いのではないでしょうか。

こうして予定を立てることを考えると、100日ぴったりに行うということが意外と難しいことであるということがわかると思いますし、各地域によっての違いや家庭による違いなどもありますから、あまり神経質に考えずに、ゆとりを持って予定を立てて万全の準備をしてお祝いできるようにしてあげることが大事なのではないでしょうか。

もちろんあまりにも後回しにしすぎても良くないでしょうが、参加する方たちとの予定のすり合わせなどもありますから、呼ぶ人が決まったら話し合って日取りを決めておきましょう。

お食い初め 食器 通販

Comments are closed.