畑恵さんの番組の思い出

日曜に見ていたサンデープロジェクト

日曜の朝に毎週放送していた、サンデープロジェクトというテレビ番組がありました。

畑恵さんや有名タレント、アナウンサーなど、さまざまな人によって進行されていた番組です。

(参考:畑恵 ホームページ

大臣クラスの大物政治家が出演して真剣に討論するといった様な内容の番組で、当時はまだ小学生だったのでもちろん何を話しているのか具体的に理解するところまでは行っていませんでしたが、それでも毎週何となく見ていました。

日曜なので自分はいつもよりかなり遅くまで寝ていて、確か10時頃から番組がスタートするのですが、起きるか起きないかの頃に放送が開始し、先に起きていた父親が真剣な顔をして見ている、というのが毎週のお決まりの光景でした。

休みの日の緩みきった服装の父親が、顔だけはえらい深刻な感じで見ているのが不思議だったのをよく覚えています。

 

サンデープロジェクトに代わるテレビ番組はあるのか?

それにしても、サンデープロジェクトの様な骨太なテレビ番組って今もあるんでしょうか。

本当に首相クラスの大物政治家がバンバン出演していて、しかも生放送で討論を繰り広げるって、普通に考えたら問題発言必至ですよね。

今のこのネット社会で、たくさんの人にいわば監視された状態でその様な過酷な討論をしなければならないって、物凄い番組だったんだなと思います。

日曜の朝なのに妙に緊迫感があって、それがテレビから自宅のリビングにも伝わって来て、とりあえず自分には関係無いのになんとなく胃が痛くなったりしていたものです。

 

でも、あの討論というスタイル、激論とでも言うようなものを毎週見ていた事が、今の自分にも何となく活かされているのではないかと思う事があります。

仕事の上で割と口が立つタイプであるという評価を得る事ができ、会議の場では先頭に立つ事が多いのですが、これは紛れもなく、サンデープロジェクトの畑恵さんの発言などを子供の頃に毎週見ていたからだと、自分では思うのです。

政治家たちの堂々たる自己主張、意見を出したり引っ込めたりのあのやり取り、学ぶ物が多かったと感じています。

緊迫感のある日曜の朝だったけど、有意義な物を自分の中に残してくれた番組でした。

Comments are closed.