オンラインカジノで稼いでみよう

オンラインカジノははっきり言って稼げます。

一度始めると他のギャンブルをやるのが馬鹿らしく思えてきます。

おそらく、カジノに興味を持っている人は既に何らかのギャンブルをやった経験があることでしょう。

主なものとしてはパチンコやパチスロ、それに競馬などです。

それに加えてTOTOなど一部の宝くじも一種のギャンブルと言えます。

こういうゲームは確かに魅力的ではありますが、一番の難点は還元率の低さでしょう。

還元率とは個々の勝負での利益などのことではなく、もっと広い目で見たときに、そのギャンブル全体として賭けられたお金のうちどれくらいの割合が勝者に分配されているかという数字を指します。

仲間うちでやる遊びの場合は、これは100%になるのが普通です。

勝者が誰になるのかは時の運かもしれませんが、賭けられたお金の全てが勝者に配分されるはずで誰かがかすめ取っているわけではないでしょうから、還元率は100%です。

ですが仲間うちではなく営利企業、公営ギャンブルとして行われる場合はそうはいきません。

賭けられたお金の全てを勝者にそのまま分配しては、運営者の取り分がなくなってしまいます。

どんなギャンブルであっても何らかの組織として運営される場合、それでは経営が成り立ちません。

少なくともある程度の割合のお金を差し引いて自分たちの運営資金とし、残りを賭けの勝者に分配する形を取らざるを得ないのです。

すなわち還元率は常に100%未満となります。

■各ギャンブルの還元率について

100%未満となることは分かったとして、では実際にどれくらいの数字なのかというと、これが結構低い数字なのです。

パチンコやパチスロでは経営母体によっても相当の開きがあると言われていますが、高いところでも80%、低いところになると60%程度でしょう。

競馬などの公営競技はパチンコに比べると開きはあまりありませんが、数字そのものとしては決して高くはなく70%から75%程度です。

最もひどいのは宝くじです。

TOTOだけに限った話ではありませんが、ジャンボ宝くじなども含めて宝くじ全体の還元率は実は50%を割り込んでいます。

夢を買うということがしきりに宣伝されていますから心苦しいのですが、純粋にギャンブルとしてみた場合は宝くじなど購入するものではありません。

期待値として言えば、賭けたお金の半分以下しか戻ってこないということになるからです。

まあ、宝くじの場合は残りの50%強の部分についてもその全てが運営者側の取り分になっているわけではありません。

TOTOであればスポーツ振興のためということで、例えば地域のスポーツ施設などのためにも使われていますから決して無茶ぶりを発揮しているわけではありませんが、ことギャンブルという観点からはあまり期待できないことに変わりはないのです。

■オンラインカジノの還元率は最低でも90%

ここに挙げたようなギャンブルに慣れてしまっている人はこれが仕方のないもの、当然のことのように思っているかもしれませんが、それは感覚が麻痺してしまっているのです。

オンラインカジノを見ればそれは分かります。

オンラインカジノの場合、この還元率は最低でもまず90%はあります。

95%程度というのも当たり前で、97%とか98%というような数字も特別に珍しいものではありません。

引用:オンラインカジノとは?2018年最新の人気オンラインカジノを紹介!

このように限りなく100%に近い還元率で、つまりは仲間うちでやるようなものとして楽しめるのです。

どうしてこんな高い還元率が達成できるのか、何か裏があるのではないかと思う人もいるかもしれませんので、仕組みを説明しておきましょう。

オンラインの場合、まず何が違うのかというとインフラが大幅に縮小できることです。

競馬にせよ競輪にせよ、競技場という立派な設備が必要です。

パチンコやパチスロであっても同様に、堂々とした店舗を構え、機器を設置して運営しなければなりません。

土地代や建物の建設費、維持費、それに光熱費などがかかります。

もちろんその運営に関わる人の数もかなりのものでしょう。

その人件費もかかってきます。

結局のところ、ギャンブルの還元率が低いのは、ここに挙げたような形でその運営に多額のお金がかかるからです。

■オンラインカジノは人件費などが安いのがメリット

ところがオンラインで行う場合、土地も建物もほぼ不要です。

何らかの形でインターネットサイトを運営しなければなりませんから全く不要とまでは言いませんが、それは例えばオフィスの一室でも十分に可能なレベルです。

設備といっても大規模な競技場やホールなど不要で、それこそパソコンが1台あればできるレベルです。

人件費についても似たようなものでしょう。

何十人、何百人といったスタッフは必要ありません。

コンピュータプログラムの開発にはある程度の人員が必要なことは間違いないでしょうが、そこさえクリアしてしまえば運営そのものはほんの数人のスタッフもいれば十分かもしれません。

このように、インターネットの世界をうまく活用することで運営にかかる資金を大幅に削減できているので、極めて高い還元率を実現できているのがオンラインカジノなのです。

Comments are closed.