ピアノの所有を考えている人

30代は何かとイベントが多い世代となっています。

結婚をする人、子どもが生まれた人、親と同居を考えている人など、環境面でもさまざまな変化が生じる年です。

まさに30代は幸せの絶頂期ともいえる世代で、多くの喜びごとがある世代でもあります。

30代の大きな買い物としてはマイホームの購入があげられます。

30代というのはローンが組みやすいこともあり、一戸建てを購入する人やマンションを購入する人も少なくありません。

一戸建ては家族にとって、憧れの場でもあります。

目黒区一戸建て物件情報

一戸建てはマンションやアパートと異なり部屋が広く、また自分たちが住みやすいようにデザインしているといった人も多いことでしょう。

建売の状態で一戸建てを購入する人は話は別ですが、一戸建ての設計からはじめる人は将来的なこともよく考えて、設計されることをおすすめします。

女の子がいる家庭では「いずれピアノを習わせたい」といった人も多いことと思います。

電子ピアノを購入される方も多いと思いますが、本格的なピアノを購入される方も多いことでしょう。

ピアノの購入を考えている家庭ではピアノの置き場もそうですし、ピアノの出し入れが可能な住居か?ということや、補強は必要ないか?といったことも検討しなければなりません。

ピアノは想像よりはるかに重いものです。

特に2階への設置は補強が不可欠と考えて間違いありません。

最初は問題ないかもしれませんが、何年も同じ場所に置いている状態だと床へ負担がかかり、家にゆがみが生じてしまうケースも少なくありません。

ピアノもまた高額な買い物です。

家もピアノも大事にしたいところですよね。

「いずれはピアノを買いたい」と考えているならば、最初にそういった設計についても検討しておくことがベストと言えます。

まずピアノはけっこう場所をとるものです。

また湿気を嫌うといった特徴もあります。

当然ながら台所等はアウトです。

湿気があまりない部屋で、かつスペースがあることが必須となります。

また住宅街では騒音トラブルにもなりかねないので、騒音対策についても検討しておく必要があります。

騒音があまり出ないような壁にするのも1つの手でしょう。

地下などに設置して、音を出さないようにするのもいいかと思います。

住居的な努力も不可欠ですが夜7時以降はピアノを弾かないとか、朝9時より前はピアノを弾かないといった配慮も欠かすことはできません。

何事も1に配慮、2に配慮です。

家もピアノも近所も、配慮こそが穏やかな生活ポイントとなることでしょう。

Comments are closed.