英語は必須

少しまえまでは、英語ができたらいいという時代がありましたが、いまは英語くらいは話せないと、就職にも影響するという時代になっています。

実際に、英語が話せると就職でもかなり有利ですし、大手の会社では会社での公用語が英語という企業もでているほどです。

本当にいまは、英語は当たり前に時代になっているのです。

英語の勉強法ならコチラを参考にすれば良いでしょう。

でも、じっさいのところ、日本だけの教育では、英語の理解はできても話せるようになっている人はいません。

これは、日本の教育が文法中心ということがおおきな要因なのです。

しゃべるということを中心にしていけば、きっと英語に対するアレルギーも日本人から少なくなってくるのかもしれないですね。

英語を学校で習っていても習得できず、わざわざ留学をしたり、専門学校で勉強してなんとかものにしていくということはとても、変だと思います。

もっと国をあげて本当に話せるようになる教育をしてほしいものだと思うのです。

日本の政治家も、海外にいって、外国の要人と英語で堂々と話てほしいですね。

Comments are closed.