憧れのポルシェ

アメリカのポルシェのCMを見ました。

それはこんな内容のCMでした。

一人の少年が学校の窓からポルシェが走っていくのを憧れの目で見つめています。

放課後、少年はポルシェのディーラーを尋ねます。

営業マンは少年に対してつっけんどんな態度はとらず、大人に対して接するように接します。

少年は展示車に乗り込み、ハンドルを握ります。

自然に笑みがこぼれます。

この後どうなるのだろうと続きを見ていると、少年は車から降り、ディーラーを去るのですが、最後に「いつか絶対にポルシェを買うからね」と言うのです。

営業マンは「お待ちしています」と答えます。

ポルシャへの憧れは、子ども時代から始まっている。

ポルシェを所有している多くの人は、子どもの頃からの夢の実現なのです。

このCMに共感したアメリカ人はきっと多いのではないかと思います。

ポルシェの中古情報
http://www.car-rate.info/porsche/nextcar/index.html

このような憧れを抱かせる車はそう多くはありませんね。

フェラーリのような華麗なスポーツカーもかっこいいですが、ポルシェの一貫して変わらぬデザインや骨太な雰囲気は、まさにゲルマン魂を感じます。

男っぽくてかっこいいです。

また日本車では絶対に真似できない車作りだと思います。

ところで、日本ではポルシェのCMって見たことないですよね。

CMで宣伝して売る車ではないということなのでしょうか。

アウディもBMWもCMが流れていますが、ポルシェやフェラーリなどのスーパーカーはCMで流さなくても認知されているということなのでしょうね。

Tags:

Comments are closed.