むちうちは正当性を証明することが大切

交通事故によって傷つきやすいのが首です。

衝突の衝撃で固定されていない首は大きくダメージが加わりますので、あとあと大きな支障が出てきます。

首は血管や神経もたくさんありますし、頭を支える大切な筋がたくさんありますので、慎重に治療していくことが大切です。

そのため何度も地道な治療やリハビリをすることが大切なのですが、それが専門家以外から見ると余計な治療をしている、もう治ったのではないかと見えてしまうのです。

そのため交通事故でむちうちの治療で通院していても、長引くと保険を切られてしまう、後遺障害と認めてもらえないということが出てきます。

後遺障害認定は被害者でも加害者でもなく、第三者の機関が書類審査、実際に被害者に合って確認するなどの過程を踏んで認定していますので公平な診断です。

しかし、後遺障害を申請するには相手に告げることも必要ですし、保険会社から専用の書類をもらって、そこに症状を医師などに書いてもらい、機関に提出する必要があります。

もちろん、保険会社からもらわなくても自分で取り寄せもできますが、一番手っ取り早いのが保険会社経由です。

そうなるとむちうちでもしっかりと生活に支障がある、治療の意味があることを認識してもらう必要があります。

後遺障害に認定してもらうためにも、ある程度の期間通っていて、一定のスパンで治療をしていることが大切です。

それでも完全に治らない、障害が残ってしまった状態なら認められやすくなります。

治療をした結果であることを証明する必要があります。

しかし、できるだけ負担を減らしたい保険会社や加害者側からすると、なかなか自由に好きなだけという場合は少ないです。

そこで弁護士を依頼して、専門的な立場から相手方と交渉してもらうことが有益です。

法に基づいた治療方法や頻度で交渉できるので、理不尽な途中で打ち切りなどは防ぐこともできます。

また、後遺症として申請できる状態なのかもある程度知識がありますので、申請するべきかどうかの相談も役に立ちます。

医学的なことや法律のことは素人には難しいところがあり、自分だけで判断するのは難しいです。

そこに慣れている保険会社からの言葉があれば、それが一般的なのかと思ってしまいますので、第三者の専門家の意見を聞くことができるのは大きな意味があります。

後遺障害も自分から申請しなくては認定されませんので、自分から動く、判断していくことが求められます。

そのため、弁護士の専門的で理にかなった知識は大きな味方になるでしょう。

後遺障害に認定されるとされないとでは、慰謝料に大きな違いがありますので、該当するのに漏れてしまうのはもったいないですし、正当な権利を自ら放棄しているようなものです。

それを防いで、正当な補償を受けるためにも自分で知識を付けつつ、より高度なカバーをするためにも弁護士を依頼する、もしくは相談だけでもするとよいでしょう。

弁護士は最初の相談は無料といったところも多くなっていますので、まずは現状を相談して妥当なのかだけでも判断してもらうと良いでしょう。

後遺障害むちうち慰謝料について

もし、請求できる、申請だけでもしてみる価値はあるとわかったら、本格的に依頼してもいいでしょうし、治療途中で打ち切りなど理不尽な対応があった時でも相談すると良いでしょう。

首は体の中でも重要な部位ですので、後から痛みが出てしまう、中途半端な治療で終わってしまうことがあとから大変なことにつながるケースもあります。

普段から医師と相談しながら、自分でも動くようにすると損することなく、正当な権利をすべて受けることができます。

また、敷居が高いと思いがちな弁護士も交通事故専門の方も多くいますので、まずは気軽に相談することが大切です。

Comments are closed.